薄型ディスプレイ据付金具
フィットアングル よりよい商品を考えるNISSEI
HOME 適合表 機能マーク説明 技術資料と取付方法 カタログダウンロード お問い合わせ
製品一覧◎壁掛シリーズ ◎天井吊シリーズ ◎スタンドシリーズ ◎アームスタンドシリーズ ◎HDMIケーブル 技術資料と取付方法
ホーム >> 技術資料と取付方法
技術資料と取付方法
壁掛シリーズ 天井吊シリーズ アームスタンドシリーズ
titleback 壁掛けシリーズ titleback  
■壁の構造と取付方法
1. 鉄筋鉄骨コンクリートやALCの場合
外壁はモルタル塗装タイル張り。
内壁はプラスターボードをコンクリート壁に直接ボンドで貼り付けるGL工法が主力。
壁下地を作って張ることは少ない。

鉄筋鉄骨コンクリートやALCの場合

2. 和風木造造りの場合
日本建築の壁構造は大半が図のようになっています。
柱や壁材で構成され、相当な強度を有し、壁の中の柱や間柱に直接取付金具を止めると確実に据付できます。壁がプラスターボードの場合、ボードだけの取付は絶対にしないでください。
和風木造造りの場合

3. 間仕切り構造(木造造り)の場合
両面とも内装仕上げで構造は外壁と変わりはない。
間仕切り構造(木造造り)の場合

■壁掛シリーズ(固定・角度可変)の特徴
1. 取付が簡単にできます
引掛方式で簡単かつ安全に作業ができます。
また、ディスプレイを仮掛けしてから本固定ができます。壁掛シリーズ(固定・角度可変)の特徴

 
2. メンテナンスが楽々
メンテナンススタンドが付いているので、その都度ディスプレイを外さずに調整や配線ができます。
壁掛シリーズ(固定・角度可変)の特徴


border
1. 改良のため予告なしに仕様の変更をする場合があります。 
2. 外形、寸法上適合できない場合がありますので、ご了承ください。 
page top